2017年12月14日木曜日

16日(土曜日)入荷分その8 4つボタンのサックコート

本日3回目のブログ更新です。



本日ご紹介するのはスーツの原点、サックコートです。
元々は、以前ブログでもご紹介したフロックコートの長い裾を切り落とし、
ゆったりしたパンツで過ごすことができるような普段着でした。





生地は年中羽織れるような軽い質感のウール素材。
パッと見で分かるほど斜めに入るフロントボタン、かなり角度のつく胸ポケット。
見た目だけを取ってもデザイン性がある上この類ではゆとりのあるサイズ感、取り入れやすいお品だと思います。





遅くて100年は前に作られたものなので、当然のようにアームホールや裏地は手縫いですが、
驚きなのは、襟裏の補強ステッチまでもが。
丁寧に施されています。





胸ポケットから出て来ました。
「有権者カード」なるこの紙は1925年に発行されたもののようです。
時代も国も超えて(もしかすると色んな人の手を渡りながら)ポケットに潜んでいたと考えると、お宝を発見したような気分です。






こちらは先ほどのものと比べると秋から冬に着たいしっとりとしたウール素材。
体に沿うシルエットですが、ウエストの絞りはキツすぎず綺麗なAラインです。
狭めのVラインに狭めのアームホール。
サックコートらしい、良い雰囲気です。








 こちらは胸元部分がキルティングのようにびっしり補強のステッチが入ります。
内側までデザインが行き届いている玉縁ポケットからも、仕立てた方のこだわりが伝わって来ますね。







これくらい古い年代のものだとコスプレっぽくなると思われがちですが、
デニムなんかと合わせれば案外スッと着れちゃいますよ。
100年も前のものと現代のアイテムを合わせることができるのも私たちの特権。
深く考えずにファッションとして色々試していただきたいです。



インスタグラム instagram.com/encore_boutique

Address 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-56-1-110
TEL   03-5913-9446